外資への転職での住民税の扱い

転職,外資,住民税

外資系の企業に転職をする場合には、住民税をきちんと納めてくれるのかどうかが気になる人も多いのではないでしょうか。外資系企業の日本法人の場合には、この点については全く心配する必要はありません。なぜかというと、日本で法人の登記をしていれば日本の法律に従わなければならないからです。 住民税は特別徴収が適用されます。つまり、会社が給料を支払うときに、先に天引きして納めます。給与所得者の場合には原則として特別徴収が適用されますから、日本で登記をしている会社であれば、資本が国内にあるのか海外にあるのかは関係なく適用されます。 ですから、転職先とは関係なく、給料をもらうことができるのであれば、たいていは特別徴収がなされます。ただ、もしも特別徴収がなされなくても、特に何らかの問題が生じるわけではありません。天引きされるわけですから、会社が負担してくれるわけではありません。もしも特別徴収が行われていなければ納付書が自宅に届けられます。その納付書で納めに行けば良いわけです。この手続きが少し面倒なものとなります。普通に正社員として勤めているのであれば、自分で納めなければならない事はないでしょうが、自分で納めてもデメリットは小さいです。

外資系企業の経理職に転職したら

転職,外資,住民税

外資系企業の経理職に転職したら、日系企業では経験できないような経験を積むことができます。英語での面接や会議、社内メールのやりとり、同僚とのコミュニケーションを取れる場合も多く、英語の実力がアップすることでしょう。 また、英文会計を経験できるのもメリットです。英語での勘定科目などを覚えることができ、国際会計基準に基づいて決算処理をするような場合も多くなっています。 さらには、外資系企業でよく使われている会計のソフトウェアの操作方法に慣れることができる場合が多いのもメリットです。日本の会計ソフトウェアとは異なり、コマンドベースで操作するような場合も多くなっていますから、慣れるまでは操作しづらいものです。外資系企業に転職すれば必ず使っているということではありませんが、入社前に確認しておくと良いでしょう。 社員の全員が契約社員だったり、年俸制だったり、成果によって大幅に報酬が変わるという場合も多く、戸惑いはあるかも知れませんが、このようなことはメリットでもデメリットでもあります。雇用の安定には欠けますが、転職しやすいとも言えるからです。 雇用の安定は企業が提供してくれるものではなく、自分のスキルの高さによってもたらされるものなので、成長できる環境を求めることが大切です。

このページの先頭へ戻る